しごとナビ

はたらく人のソーシャルコミュニティー


求人12681件 企業4597社 求職者778411人 (12月4日(日)更新)

事前準備から面接後の対応まで、
面接対策マニュアルを確認して合格率アップを!
ご自身が転職活動時の面接において、最低限確認しておくべき事項です。
これは最低限の事項であり、このことができて初めて、面接官がご自身の実力を見ていただける状態になります。
せっかくのチャンスを最大限に活かしてください。

1.面接時までに準備しておきたいこと

攻略を立てる

面接先企業のホームページ等で会社情報を予め閲覧しておきましょう。

・売上・利益・事業内容等は、必ず把握しましょう。
・その企業で何ができるのか、何がやりたいのかを自身で確認します。
※相手を知り、勝てる戦略を立てる癖をつける事は、入社後にも必ず役に立ちます。
中途入社となると、新卒で行う社会人研修的なものは原則としてありません。
企業は、社会人として1人前の貴方に期待していることを忘れずに。

アイテムを備える

経歴書等、提出書類について内容を確認しましょう。

・以前の経歴において「何をしていた会社」で「どのような業務」を行っていたか、また、「どのような功績」を残せたか、
その経歴をどう活かすか等のPRを、確実に表現できていることを確認してください。
※面接先の企業と職務内容の確認(売上、利益、事業内容等)予習していた内容でも敢えて再確認しましょう。

2.面接本番において

攻略を実施し、100%の実力を発揮

ビジネスライクな服装を着用

・特に指定がない場合、ビジネスライクな服装にネガティブなイメージを持つ面接官はいません。
万全を期す意味でもこのことは心がけましょう。
笑顔を忘れず、ありのままの自分を表現しましょう。
・貴方は貴方でしかありません。ありのままの自分以上のものを表現しても、入社後に必ず後悔します。もちろん、今の自分以上の実力を発揮する自信があれば、その根拠を確かめながら発言しましょう。

面接本番時の質疑応答では必ず最低ひとつは質問する。

・面接官への質問は、できる限り行いましょう。事前に調べた以上に、自身にフィットする情報が出てくる可能性があります。
・面接は、「ふるい落とす」ためのものではなく、あくまで貴方の良い部分を「どう活かせるかを探る」ために行われるものです。少しでも興味のあることは、積極的に質問しましょう。

3.面接後

帰宅次第、面接に対するお礼のメールの送信や手紙の郵送などの心配りを。

※就職活動ではなく、転職活動をされているはずです。採用企業は、ご自身の経歴を最重要視しております。
転職は、就職と違い、ある程度社会人としてのビジネススキルを持ち、最低限の教育で「即戦力」となることを期待しております。
こうしたポイントを良く理解し、ぜひ新たなスキルやご経験を積み上げてください。
あなたにピッタリの転職活動をしごとナビで探してみてください。

新規会員登録


面接に勝つ!面接を有利に進められる!論理的思考力
転職就職にまつわる、様々なノウハウを公開!しごとナビ転職・就職コラム 採用面接の舞台裏

▲ページTOPへ

▲ページTOPへ