しごとナビ

はたらく人のソーシャルコミュニティー


求人13581件 企業4892社 求職者816426人 (8月19日(土)更新)
宅地建物取引主任者(宅建)の求人特集会員登録(無料)

宅建を持っていると有利な求人一覧

地域密着の不動産屋

倉敷市内勤務。資格を活かせる宅建事務

倉敷市内勤務。資格を活かせる宅建事務

【宅地建物取引主任者 求人特集】

店舗内において以下の業務をしていただきます。
■来客対応
■物件調査
■重要事項説明・契約書作成・チェック
■営業サポート
■その他営業事務業務

※宅建のライセンスは必須です。
 入社時に、資格取得していることが前提です。

※稀に営業のサポートとしてお部屋の案内する物件のカギを手配(預かり・返却)業務も発生します。
※物件情報の作成も発生します。
※柔軟性のある方、目配り・気配りの出来る方にはピッタリです。


【勤務形態】
正社員
【就業場所】
岡山県岡山市/岡山県倉敷市
【給与】
[年収] 220万円 〜 33万円 [月給] 15万円 〜 22万円 

賃貸住宅を中心に、不動産管理、売買の仲介等幅広く展開

賃貸住宅営業職 ※宅地建物取引主任者資格(必須)

賃貸住宅営業職 ※宅地建物取引主任者資格(必須)

【宅地建物取引主任者 求人特集】

ホームページや住宅情報誌などを見られたお客様からお問い合わせを頂いたり、
店頭に来られたお客様にお部屋を紹介するお仕事です。
『お部屋を借りたい!』というお客様にご希望の条件をお聞きし、お部屋をご紹介します。
家賃、間取り、場所を考慮して、それぞれのお客様の条件に合ったお部屋を紹介します。
入居申込み〜契約手続き〜ご入居〜退去までお客様の新生活をトータルサポートします。
もちろん、オーナー様へリフォームを提案するなど、賃貸住宅に深く携わって頂きます。

【勤務形態】
正社員
【就業場所】
岡山県岡山市
【給与】
[月給] 16万6000円 〜 23万3000円 

地元岡山優良企業のグループ会社

【宅地建物取引主任者】 ハウスメーカーにおける不動産担当

【宅地建物取引主任者】 ハウスメーカーにおける不動産担当

【宅地建物取引主任者 求人特集】

ハウスメーカーにおける不動産担当業務を行なって頂きます。住宅営業担当者と連携を取りながら、地主さんや不動産会社からの情報収集や、折衝が中心になります。不動産の売買経験を活かせる業務です。

【勤務形態】
正社員
【就業場所】
岡山県岡山市
【給与】
[年収] 300万円 〜 500万円 

【地元岡山】注文住宅会社

【中古不動産】不動産営業

【中古不動産】不動産営業

【宅地建物取引主任者 求人特集】

●中古不動産物件の仕入れ、及び販売、仲介を行なっていただきます

【勤務形態】
正社員
【就業場所】
岡山県岡山市
【給与】
[月給] 19万8000円 〜 37万円 

成長中の注文住宅会社

不動産営業

不動産営業

【宅地建物取引主任者 求人特集】

中古不動産物件、土地の仕入れ、販売、仲介。

【勤務形態】
正社員
【就業場所】
岡山県岡山市
【給与】
[月給] 19万8000円 〜 37万円 

⇒もっと多くの宅建の求人情報を見る

⇒宅建+その他の条件を指定して検索

会員登録(無料)

しごとナビの運営会社「リス株式会社」による無料の転職支援サービス

対象となる方のイメージ

  • 宅建の有資格者
  • 給料やインセンティブなどの条件面がもっと良い会社で働きたい!
  • 異業界から不動産業界で一旗揚げたい!

転職支援サービスの概要

転職支援サービスは、あなたと求人企業との橋渡しをリスの転職コンサルタントが行うサービスです。転職コンサルタントはあなたと面談を行い、今までのキャリア、今後の趣向を確認しつつ、ヒューマンスキルチェックも行います。面談の結果、あなたにマッチする企業・求人をご提案させて頂き、よろしければ選考のプロセスに移ります。選考のプロセスでは応募先の企業によって異なる、受かる履歴書・職務経歴書の書き方の指導や、面接対策を行い、万全の体制で臨んで頂きます。

お金は一切頂きません。無料です。
宅建をお持ちのあなた、一人で悩まず、私達にご相談ください。

転職支援サービスについてのお問い合わせ・ご連絡先

お近くのオフィスまでご連絡ください。

※オフィス名をクリックすると、連絡先やアクセス方法などの詳細画面が開きます。

リスのオフィス所在地群馬オフィス東京本社静岡支社名古屋支社大阪支社岡山オフィス広島支社

人材業界一筋30年 リス株式会社

会員登録(無料)

資格情報

資格名称

宅地建物取引主任者

※一般的な略称は「宅建」

資格種別

国家資格

主催者

宅建(宅地建物取引主任者)とは

宅地建物取引主任者は、不動産取引にて取引に不慣れな一般の人たちに対して重要事項を説明する業務です。宅建に合格してすぐに宅地建物取引主任者になれるわけではありません。宅建に合格し、2年以上の実務もしくは登録実務講習を受けた後、各都道府県知事に登録して宅地建物取引主任者証の交付を受けると、宅地建物取引主任者として従事することができます。
また、宅建は不動産業界の他にも金融業、小売業でも生かすことができます。宅建を持っている社員に、資格手当てを支給している企業もあります。

受験資格

特にありません。宅建は誰でも受験できます。

試験内容

宅建は四肢択一、50問の筆記試験です。

  • 1. 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
  • 2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
  • 3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
  • 4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
  • 5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
  • 6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
  • 7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

試験日

宅建は毎年1回、10月の第3日曜日に実施されます。

受験手数料

7,000円

難易度

★★★★☆(難しい)

宅建は難関まではいきませんが、下記の合格率からわかる通り、難しい部類に入ります。

合格率

宅建の実施年別合格率
実施年申込者数受験者数合格者数合格率
2011年231,596188,57230,39116.1%
2010年228,214186,54228,31115.2%
2009年241,944195,51533,94616.2%
2008年260,591209,41533,94616.2%
2007年260,633209,68436,20317.3%
2006年240,278193,57333,19217.1%
2005年226,665181,88031,52017.3%
2004年216,830173,45727,63915.9%
会員登録(無料)

▲ページTOPへ

▲ページTOPへ