しごとナビ

はたらく人のソーシャルコミュニティー


求人12681件 企業4597社 求職者778411人 (12月4日(日)更新)

履歴書を書く前に

履歴書は、書類選考時から面接まで就職活動中のご自身を示す書類として欠かせないものです。
履歴書を良いものにすれば就職活動を有利に進められることに繋がります。
職務経歴書の書き方についてはこちらをご確認ください。

印象の良い履歴書の書き方 履歴書の書き方


印象の良い履歴書の書き方とは?

採用担当者は最初に何を見ているのでしょうか?


職歴?資格?保有スキル?もちろん、全てを見ますが、何より大切なのは履歴書の「第一印象」です。
たとえば、しっかりと各項目が埋められている履歴書と、空欄のある履歴書であれば、前者の方が好印象だという事は想像に易いですよね。
人と人との出会いと同じように、採用担当者が初めて履歴書を見たときに求職者の第一印象が決まります。

履歴書は手書き?デジタル?

よく議題に上る、手書きかデジタル作成かというのもどちらで作るのが正しいのか、というよりは、どうしたら誠意ある履歴書に見えるのか、という点を考えた方が良いです。
字を書くことが得意であれば手書きで、履歴書を作る程度のPCスキルがあるのであればデジタル作成で作りましょう。どちらも不安、または時間がない、という方向けにしごとナビでは履歴書の自動作成もご用意しています。

採用担者が読みやすいことが重要

履歴書の書き方【1枚目】

履歴書の書き方についての基本を記載しました。
履歴書の1枚目は求職者がどういった経験を持っているのか、を知らせるページです。 年号や前職の企業名などに間違いが無いよう十分注意しましょう

履歴書の1枚目

日付
提出日の日付(郵送の場合は投函日)にします。
面接に持って行く場合は当日の日付を記入しましょう。 年号は履歴書内で西暦か元号(平成・昭和等)を統一します。
「日付」の詳細はこちら
氏名(フリガナ)
氏名は姓と名の間に半角スペースを入れるとバランスが良く見やすくなります。
フリガナは履歴書の書き方に合わせましょう。
※フリガナの記載 例:シゴト ナビエ
※ふりがなの記載 例:しごと なびえ
「名前」の詳細はこちら
写真
写真は2.4×3cmか3×4cmが一般的。
撮影後3カ月以内、正面から撮影された上半身の写っているものを使用し、しっかり糊付けしましょう。
「写真」の詳細はこちら
住所、電話番号
住所は都道府県から記載します。
郵便番号も忘れずに記載しましょう。
電話番号は自宅以外に緊急用として携帯番号も記載するようにします。
「住所・電話番号」の詳細はこちら
学歴・職歴  学歴計算はこちら
学歴は高校までは卒業のみの記載、大学からは入学も記載します。学部や学科なども記載しましょう。
職歴は原則すべての入社・退社歴を記載します。
最終行に「現在に至る」と入力後、その下の行に右寄せで「以上」と入力します。
「学歴・職歴」の項目についての詳細はこちら

履歴書の書き方【2枚目】

履歴書の2枚目はアピールできる部分を多くとってあります。
自分と志望企業・自分のスキルや適性と希望職種を、常に念頭において書き込んでいきます。

履歴書の2枚目

学歴・職歴
履歴書の1枚目に書ききれない学歴・職歴については、2枚目の上部へ記載します。
「学歴・職歴」の項目についての詳細はこちら
資格・免許
資格・免許は基本的にすべて記載します。正式名称と正しい等級であるか確認します。
まだ取得していない勉強中のものも記載可能です。
「資格・免許」の項目についての詳細はこちら
保有スキル
スキル項目にはOSやアプリケーション(実務経験年数)を記載します。
「保有スキル」の項目についての詳細はこちら
自己PR
ご自身の強みや会社に貢献できるポイントを明確に記載しましょう。
自己PR 「自己PR」の詳細はこちら
志望動機、特技
志望動機は同業他社があるなかで、なぜその会社を選んだのか?を記載します。
特技は、資格欄に書けなかったスポーツなどの資格を記載するといいでしょう。
志望動機作成はこちら 志望動機
「志望動機」の詳細はこちら
通勤時間、扶養・配偶者の有無
通勤時間は、自宅から会社までの最短所要時間を記載します。
ご自身の配偶者有無、扶養対象となるご家族の人数を記載します。
「通勤時間・扶養・配偶者の有無」の詳細はこちら
本人希望記入欄
希望する職種、勤務地などを記載します。入社を左右するような重要な希望(条件)だけを記載するようにします。
「本人希望記入欄」についての詳細はこちら

書類送付

郵送時は白封筒を使うようにしましょう。
一般的に茶封筒は改まった場ではあまり使用されません。中身のすけない白封筒を使用しましょう。
郵送で履歴書を発送する場合、封筒の記入にも気をつけることがあります。
宛名が会社名なら「宛名+御中」、担当者宛てであれば「宛名+様」を忘れずにつけてください。
封筒左下に「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と記入し、封筒の裏面には、ご自身の住所・氏名を記入するのもお忘れなく。
郵送だけでなく、メールなどで送る場合もあります。
「書類送付」の項目についての詳細はこちら

以上をふまえて、人事担当者が「会いたい!」と思う履歴書を作成しましょう
しごとナビなら 簡単履歴書作成 仕事探し が同時に出来ます!

履歴書の簡単自動作成 各項目の詳細説明 求人検索


▲ページTOPへ

▲ページTOPへ